スポンサーリンク

仮想通貨の様々な課題を解決できるAion(アイオン)について紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨Aion(アイオン)とは

Aion(アイオン)はブロックチェーンネットワークにおけるスケーラビリティ、プライバシー、および相互運用性の未解決の問題に対処するために設計された多層ブロックチェーンシステムです。

スポンサーリンク

仮想通貨Aion(アイオン)の基本情報・概要説明

Aion(アイオン)の基本情報

仮想通貨名 Aion(アイオン)
仮想通貨略号 AION
公開日 2017年9月25日
発行上限枚数 465,934,587 AION
公式サイト https://aion.network/
ホワイトペーパー https://aion.network/developers/#whitepapers
Twitter https://twitter.com/Aion_Network
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=pFkPiL-dtDY

Aion(アイオン)の概要説明

Aion(アイオン)が使用しているブロックチェーンは他のブロックチェーンと相互接続することができ、それらのブロックチェーン間でお互いにトレードすることが可能になっております。

また、相互運用できるだけでなく安全性を向上させてくれてもいますので今後に期待できる仮想通貨となっております。

つまり、ブロックチェーンネットワークにおける、「スケーラビリティ、プライバシー、相互運用性」の問題を解決するために設計された多層ブロックチェーンシステムとなっております。

またICONと、Wanchainと共に「Blockchain Interoperability Alliance(ブロックチェーン相互運用同盟)」を結成したことで話題になりました。

スポンサーリンク

仮想通貨Aion(アイオン)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


引用:https://jp.tradingview.com/

仮想通貨AIONは2017年9月に公開されました。 ビットコインや他のアルトコインが高騰に伴いm、AIONも価格が上昇し、それ以降は低下が続いています。

2月初めには高騰する前の価格に戻ってしまい、2月中旬に一回上昇した後は横ばいが続いております。3月に入ってからは更に低下しています。

[box06 title=”あわせて読みたい”]Binanceのスマホアプリの使い方を解説![/box06]

仮想通貨Aion(アイオン)の特徴

スケ―ラビリティ問題の解決

Aion(アイオン)は複数のブロックチェーン間でアプリケーションを動作させることでスケ―ラビリティ問題やビットコインのブロックチェーンでの送金の遅延や手数料の高さなどの解決にも繋がります。

ビットコインにおいて、ブロックチェーンの「ブロック」には取引の記録が書き込まれ、約10分ごとに新しいブロックが生成されていきます。

ブロック」に書き込めるサイズの上限は1MB(2017年10月現在)と決まっています。ブロックサイズが上限に達してしまい、ブロックに入らない取引の件数が多くなると、送金に時間がかかる、送金要求が承認されない、取引手数料が高騰する、といった問題が発生します。

引用:bitFlyer

優秀な組織が開発している

Nucoという組織が手がけるブロックチェーンプロジェクトです。

[box06 title=”あわせて読みたい”]複数のブロックチェーン間の通信を支えるNucoのAionネットワーク、最終的スタンダードになるか?[/box06]

仮想通貨Aion(アイオン)のメリットとデメリット

Aion(アイオン)のメリット

メリット|複数のブロックチェーンを接続

Aion(アイオン)は高性能ブリッジメカニズムを使ってブロック間の通信を簡易的にしております。

また、Aion-1というソフトウェア実行プラットフォームを利用することで、他のすべてのAionネットワークに接続し、ユーザーがガバナンス、発行、参加をカスタマイズできるブロックチェーンを作成出来ます。

つまり、情報を秘匿しつつ他のブロックチェーンに情報を移動できます。

Aion(アイオン)のデメリット

デメリット|中央集権であること

先程も紹介しましたが、AION(アイオン)はデNucoが開発していることです。

仮想通貨では珍しい中央集権的である為、「企業が商用の為にブロックチェーンのインフラをすべきでない」という意見もあるようで、企業が開発していることを積極的に考えるか、消極的に考えるかは難しいことではあります。

仮想通貨Aion(アイオン)の将来性

Aion(アイオン)は拡張性、プライバシー、相互運用など仮想通貨の問題点を解決しております。また、Aion(アイオン)は他の仮想通貨と競合するものではなく、相乗効果のあるプロジェクトです。

新しいブロックチェーンが簡単に作られるので企業などの小規模な社内ブロックチェーンも構築が可能となり、将来性は高いと考えられます。

取引所|仮想通貨Aion(アイオン)の購入方法

Aion(アイオン)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|Aion(アイオン)の保管方法

Aion(アイオン)はイーサリアムウォレットを利用していますのでそれを利用して保管することができます。また、JaxxはAion(アイオン)の開発チームが公式に推奨しているウォレットです。

Jaxxの使い方

Jaxxのホームページにアクセスします。

Jaxx 公式ページ

  1. オレンジ色「Get Jaxx Free」クリック
  2. 「Windows Desktop(ウィンドウズ デスクトップ)」を選択
  3. ダウンロードファイルが2種類表示されます。お好みのファイルをダウンロード
  4. ダウンロードできましたら、ファイルを展開
  5. 「Jaxx-assets」ファイルをダブルクリック
  6. 「Jaxx.exe」をクリックすると起動

仮想通貨Aion(アイオン)のまとめ

この記事の要約すると

  • Aion(アイオン)はケーラビリティ、プライバシー、相互運用性の問題を解決
  • Aion(アイオン)はNucoという優秀な組織が開発
  • Aion(アイオン)は他の仮想通貨を相乗効果がある

上記のように、非常に期待が持てる仮想通貨です。

今後のAion(アイオン)に期待しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事