スポンサーリンク

Waltoncoin(ウォルトンコイン)RFID技術とブロックチェーン技術を融合させたIoTプラットフォームです。その特徴やメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)とは

Waltoncoinとは、RFID技術を開発したチャーリー・ウォルトン氏にあやかって名付けられた中国発の仮想通貨で、通貨単位はWTCとして2016年11月に公開されました。

スポンサーリンク

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)の基本情報・概要説明

Waltoncoin(ウォルトンコイン)の基本情報

仮想通貨名 Waltoncoin(ウォルトンコイン)
仮想通貨略号 WTC
公開日 2016年11月
発行上限枚数 100,000,000 WTC
公式サイト https://www.waltonchain.org/
ホワイトペーパー
Twitter https://twitter.com/Waltonchain
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=mcxSe56jXqY

Waltoncoin(ウォルトンコイン)の概要説明

Waltoncoinという名称は、Charlie Walton(チャーリー・ワルトン)という人物からきています。チャーリー・ワルトンはRFID技術を発明した人です。

RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムです。バーコードでの運用では、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDの運用では、電波でタグを複数一気にスキャンすることができます。電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。

RFIDとは、Radio Frequency IDentificationの略であり、ID情報を埋めたRFタグから、電磁界や電波を使用した近距離の通信で情報をやりとりする技術
身近なものですとsuicaに使用されています。

Waltoncoinは、RFID技術とブロックチェーン技術を融合させたIoTプラットフォームの構築を目指しており、将来的にはあらゆる業界のコスト削減、偽造防止なんかに役立つと考えられます。

スポンサーリンク

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


引用:https://jp.tradingview.com/

2018年1月中旬のビットコイン大暴落やその後の不安材料の影響を受けましたが、全体を通してみると右肩上がりに推移しています。

[box06 title=”あわせて読みたい”]Binanceのスマホアプリの使い方を解説![/box06]

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)の特徴

WALTONCHAIN

ブロックチェーンによる完全なデータ共有と絶対的な情報の透明性を備えた、信頼できる追跡可能なビジネスエコシステムです。

それはブロックチェーンとIoTインターネットの統合を推進するRFIDとの技術の組み合わせによって作成されます。

IoTを発展させるために起こりうる集中化の問題を解決するために、そこにブロックチェーン技術を導入することに重点を置いて、「価値のあるインターネット(VIoT)」の概念を提示しています。

ブロックチェーン技術の特徴である分散管理の性質をIoTに生かそうとする試みです。

この技術のおかげで下記が可能になっています。

  1. 高いセキュリティ
  2. 追跡することが可能
  3. 偽造防止
  4. 信用の要求が少なくても分権化を実現
  5. 労働コストを削減

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)のメリットとデメリット

Waltoncoin(ウォルトンコイン)のメリット

メリット|追跡が可能になる

Waltoncoin(ウォルトンコイン)を使用することにより、アパレル業界に例えると製造⇒倉庫⇒物流⇒店舗まで追跡し、可視化することが可能となります。

Waltoncoin(ウォルトンコイン)のデメリット

デメリット|資産運用として仮想通貨ではない

Waltoncoin(ウォルトンコイン)は他の仮想通貨違い、投機目的では作られていなく、エンタメ業界の健全化の為の仮想通貨となります。

つまり、運用目的として購入するとなかなか上昇しない可能性はあります。

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)の将来性

2018年の主なロードマップです。

  • 2018年3月:モバイルプラットフォームベースのデジタルウォレットをリリース
  • 2018年9月:衣類業界向けのWaltonエコシステムが完成し、パイロットプロジェクト開始
  • 2018年11月:Waltonchainはスマートコントラクトを展開

現在RFID技術は、公共の機関の乗車カードや社員証、高速道路料金、電子マネーまで世界中の至る所で幅広く使われており、私たちの生活を円滑にするために必要不可欠なものになっています。

このようにRFIDとブロックチェーンの組み合わせにより、環境に優しく透明性のあるビジネスを展開していくことこそ、このプロジェクトの目的となっているのです。

Waltonchainプロジェクトは、今後ありとあらゆる分野に利用される可能性が高く、その将来性には期待出来るものと言えます。

取引所|Waltoncoin(ウォルトンコイン)の購入方法

Waltoncoin(ウォルトンコイン)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|Waltoncoin(ウォルトンコイン)の保管方法

仮想通貨Waltoncoin(ウォルトンコイン)のまとめ

この記事の要約すると

  • Waltoncoin(ウォルトンコイン)は製造から店舗までを追跡できる
  • Waltoncoin(ウォルトンコイン)はRFID技術とブロックチェーン技術を融合させたIoTプラットフォーム
  • Waltoncoin(ウォルトンコイン)はロードマップが明確になっている

上記のように、Waltoncoin(ウォルトンコイン)は非常に期待が持てる仮想通貨です。

スポンサーリンク
おすすめの記事