エアロン(Aeron)のリアルタイムチャートは?欧州航空安全機関の協力のもと進められる航空業界のブロックチェーン
スポンサーリンク

Aeron(エアロン)は航空業界の安全性を高める為に開発されているブロックチェーンです。

その特徴やメリット・デメリットなどを紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨Aeron(エアロン)とは

飛行機の墜落事故などは時々世間の大きな話題となります。その半数以上が人間のミスにより起こっています。

当然の航空会社はミスをしないように最善を尽くしてはいるのですが、問題は事故が起きた際に、原因を追求するデータを改ざんしたり、機密事項を公表しないということがこれまでは多々ありました。

その為、Aeron(エアロン)は、パイロットの記録するデータを改ざんできないようにブロックチェーン上に記録し、透明性を保ち、飛行機の安全性を担保します。

スポンサーリンク

仮想通貨Aeron(エアロン)の基本情報・概要説明

Aeron(エアロン)の基本情報

仮想通貨名 Aeron(エアロン)
仮想通貨略号 ARN
公開日 2017年9月25日
発行上限枚数 100,000,000 ARN
公式サイト https://aeron.aero/
ホワイトペーパー https://aeron.aero/AeronWhitepaper.pdf
Twitter https://twitter.com/aeron_aero
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=ZOFE1KXLT-Y

Aeron(エアロン)の概要説明

Aeron(エアロン)は2017年11月に公開され、略号はARNです。

Aeron(エアロン)は、「エアロン・アーロン」と読みます。Aeronは、パイロットや航空会社のためのブロックチェーンのプロジェクトです。

Aeronは、ブロックチェーンで航空技術の未来を作っていくためのプロジェクトであり、致命的な事故のリスクを低減させ、重要なデータの偽造の可能性を排除します。そして、当局が安全性を向上させるための情報を透明化させていきます。

スポンサーリンク

仮想通貨Aeron(エアロン)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


引用:https://jp.tradingview.com/

2018年1月6日にAeronがパイロットと一般企業が活用するアプリケーションのローンチが予定されており、そこに向けた動きとなっていると噂され、380%を超える高騰をしています。

2018年1月16日に1月6日に最高値を記録後、価格が調整局面に入り、若干下落していました。
しかし、1月16日前後でさらに大きな下落が起こり、1月13日に4.80$を記録していたのが、3日間で約65%一気に下落しました。

[box06 title=”あわせて読みたい”]Binanceのスマホアプリの使い方を解説![/box06]

仮想通貨Aeron(エアロン)の特徴

マルチシグの認証システム

マルチシグという認証システムを採用することで、主要なプライベートキーが漏洩したとしても、別のキーがないと情報にアクセスできないような仕組みになっていて、情報の改ざんなどが行えないようになっています。このように、セキュリティが強いため、情報の改ざんなどを容易に行えないような仕組みとなっています。

これらの仕組みをもつことで、情報を恣意的に改ざんすることが出来ない状態で、情報を公開することが出来るようになり、「人的要因による航空事故」を大きく減らすことを目指しています。

仮想通貨Aeron(エアロン)のメリットとデメリット

Aeron(エアロン)のメリット

メリット|情報がブロックチェーンに格納され、取引は透明になり、すべてのユーザーが閲覧可能

Aeron(エアロン)は、記録保持の完全性、信頼性および透明性を実証するために、ブロックチェーンに基づく電子ログ記録の承認を促進するために、欧州航空安全機関(EASA)などの国の航空局および国際航空機関と協力します。

欧州航空安全機関(おうしゅうこうくうあんぜんきかん、英語European Aviation Safety Agency略称EASA)は、欧州連合の専門機関の一つ。2002年7月15日に設立が批准され、2003年9月28日に正式設立された。主たる業務はヨーロッパにおける民間航空分野における各種調整を執行することで、ドイツ連邦共和国ケルンに本部を置いている[1]。2008年には合同航空機関en:Joint Aviation Authorities)の機能を引き継ぐことにより完全な機能を達成する。欧州自由貿易連合加盟国も機関への参加を認められた。

引用:wikipedia

スマートフォンのアプリケーションは、最終的には古くなった紙の記録に取って代わられ、航空機チャーター、レジャーフライト、パイロット訓練に興味を持っているプライベートパイロット、航空機所有者と運航者、航空愛好家や一般市民のための基準点を可能にする。

Aeron(エアロン)のデメリット

デメリット|航空業界への導入が進むか

最大の課題でもあるのは、長年の続いた航空業界にブロックチェーンが理解され、導入が進むかがポイントとなります。

テクノロジーで解決できる未来は航空業界にもユーザーにも企業にもWINWINだと思いますので、根気強く期待しましょう。

仮想通貨Aeron(エアロン)の将来性

Aeron(エアロン)の公式サイトに公開されているロードマップとなります。

  • 2018年2月:航空当局とのロビー活動
  • 2018年3月:パイロットと企業アプリケーションの一般公開
  • 2018年4月:Aerontrips.com ブロックチェーンとの統合
  • 2018年6月:トークンの支払い、Aerontrips.comのサービス開始
  • 2018年8月:分散化と暗号化されたストレージへのデータベース移動
  • 2018年9月:航空局ポータル開発
  • 2018年11月:アーロンAPI公開
  • 2018年12月:ATCデータ自動処理の開発のためのデータ・ハブ

また、2019年も開発は続いていき、壮大なプロジェクトとなるため、長い目で期待した仮想通貨となります。

取引所|仮想通貨Aeron(エアロン)の購入方法

Aeron(エアロン)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|Aeron(エアロン)の保管方法

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく高く、安全面では最高峰です。

仮想通貨Aeron(エアロン)のまとめ

この記事の要約すると

  • Aeron(エアロン)はマルチシグの認証システムにより情報の改ざんを防ぐ
  • Aeron(エアロン)はロードマップは詳細に公開されている
  • Aeron(エアロン)はEASAなどの国の航空局および国際航空機関と協力している

上記のように、非常に期待が持てる仮想通貨です。

Aeron(エアロン)はこれから新興国で急増していく航空需要から見ても、注目に値するプロジェクトです。

スポンサーリンク
おすすめの記事