ヴィチェーン(VeChain)のリアルタイムチャートは?サプライチェーンを可視化し偽ブランド問題を解決
スポンサーリンク

社会問題になっている偽ブランド問題を解決する仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)について紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)とは

VeChain(ヴィチェーン)はブランド品などの商品の真贋を確かめることができるように、ブロックチェーンの改ざん出来ないという特徴を利用して商品の追跡を行えるプラットフォームです。

中国などでは、偽ブランドが国としても大きな課題となっております。

[box06 title=”あわせて読みたい”]中国クオリティーの偽ブランド[/box06]
スポンサーリンク

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)の基本情報・概要説明

VeChain(ヴィチェーン)の基本情報

仮想通貨名 VeChain(ヴィチェーン)
仮想通貨略号 VEN
公開日 2017年8月15日
発行上限枚数 873,378,637 VEN
公式サイト https://www.vechain.com/
ホワイトペーパー https://cdn.vechain.com/vechain_ico_ideas_of_development_en.pdf
Twitter https://twitter.com/vechainofficial
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=sln7oKRqlmg

VeChain(ヴィチェーン)の概要説明

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)は2017年8月に公開され、Ethereum(イーサリアム)に基づいて開発されています。

VeChain(ヴィチェーン)は企業に製品や情報を提供するBlockchain-as-a-Serviceを提供するブロックチェーンプラットフォームです。具体的には、さまざまな商品の製造から流通・販売にいたるまでの過程を追跡するサービスを、VeChainのブロックチェーンを使って提供する予定です。APIと実際の情報を結ぶブロックチェーンデータをシステム上でリンクさせることで、リアルの人々、製品、イベントなどのデータをデジタル化します。

スポンサーリンク

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


引用:https://jp.tradingview.com/

2017年12月に入り一気に価格を上げています。アルトコインに資金が流れたタイミングでファンダがついて来て一気に上昇した形になります。

また、大手企業や中国との提携によって、BINANCE(バイナンス)では徐々価格が上昇してきております。今後も提携などのニュースが出たタイミングで一気に上昇する可能性があります。

[box06 title=”あわせて読みたい”]Binance(バイナンス)のスマホアプリの使い方を解説![/box06]

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)の特徴

偽ブランドを判定

中国や中東などでは偽物のブランド商品が出回っています。騙されて偽物のブランド商品を買うという被害が後を絶ちません。

これを防ぐためにVechainではNFCチップという正規品を識別できるチップを埋め込み、そのチップの情報をブロックチェーンで管理することでそれが正規品であることを証明します。

ブロックチェーンが改ざん不可能であることからNFCチップがあれば商品が本物であると言えます。

サプライチェーンの簡易化と可視化

VeChainは、複雑になった現代のサプライチェーンの可視化と簡易化を目指すべくして生み出されたブロックチェーンプラットフォームでもあります。物流に関わる企業が多く、物流全体が不透明化している問題を解決する役割も担っております。

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)のメリットとデメリット

VeChain(ヴィチェーン)のメリット

メリット|国や大企業との提携

偽ブランド問題は国や企業にとっても大きな問題です。

VeChain(ヴィチェーン)は既に仮想通貨取引やICOを禁止してきた中国政府もVeChainと提携することになっています。

他にも大手コンビニチェーンと提携したというニュースもありアメリカ、中国、日本をはじめ東南アジアなどに2,400店舗で展開されています。また、ドイツの大手自動車メーカーであるBMWとも提携を交わしたという発表もありました。
この他にもたくさんの企業と提携をしており、今後への期待が一層高まります。

VeChain(ヴィチェーン)のデメリット

デメリット|決算に使われる予定がない

現在のVeChain(ヴィチェーン)の価格に関わらず、プロジェクトが失敗に終わる可能性も少なからずあります。その場合はVeChain(ヴィチェーン)そのものに価値がなくなってしまう危険性も少なからずあります。

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)の将来性

VeChain(ヴィチェーン)に透明性とブランディング

様々な分野で透明性が必要とされている現代において、ブロックチェーンを管理システムに提供するVeChain(ヴィチェーン)は画期的で確実性の高い技術です。

VeChainを利用して販売される商品は、消費者から高い信頼を得ることが可能になります。さらに消費者は商品が持つ歴史を知り、そこにこめられた生産者の思いや物語を受け取ることもできます。企業にとっては自社のブランディングをすることもでき、イメージアップ効果を得ることが可能です。これらの理由により、VeChainに対する需要は今後高まることが予想されています。

取引所|仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)の購入方法

VeChain(ヴィチェーン)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)の保管方法

Trezor(トレザー)

Trezor(トレザー)は、秘密鍵をオフラインで管理するハードウェアウォレットの1つであり、非常にセキュリティが高いウォレットです。

コインチェックのハッキング事件では、秘密鍵をオンラインで管理するホットウォレットにNEMを保管していたことが原因だったので、セキュリティが気になる方はTrezorの利用をおすすめします。

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン)まとめ

この記事の要約すると

  • VeChain(ヴィチェーン)は世界規模になっている偽ブランド問題を解決できる
  • VeChain(ヴィチェーン)サプライチェーンの簡易化と可視化
  • VeChain(ヴィチェーン)は企業と消費者にとってWINWIN

上記のように、非常に期待が持てる仮想通貨です。

今後のVeChain(ヴィチェーン)に期待しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事