OKEXの元CEO李書沸がHuobiに電撃移籍
スポンサーリンク

現在(5月21日)、仮想通貨の取引高が世界一位のOKEXの元CEOがHuobiに移籍しました。

また、現在Huobiは仮想通貨の取引高が世界三位となっております。

この元CEOの競合への移籍は仮想通貨界隈で大きな話題になり、Huobi Tokenが15%前後上昇しました。

[box05 title=”紹介記事”]Huobi Tokenについて特徴やメリット・デメリット[/box05]
スポンサーリンク

OKEXの元CEO「李書沸」について

2年前にブロックチェーン業界を自らを選び、OKグループに入社しました。

すぐに資金調達を行い、経営陣を築き、国際的なチームを結成しました。その後、海外のプロジェクト、拡張、グループ構造の再構築などを行い、韓国、日本、米国などの主要海外市場で協同組合や独立企業を設立しました。

つまり、OKEXのグローバル展開から経営まで幅広く貢献した人物です。

今回のHuobiに電撃移籍はグローバル展開が狙いとのことです。

スポンサーリンク

Huobiについて

Huobiグループは中国最大級の仮想通貨取引所「火幣」を4年以上運営しています。

現在は仮想通貨取引所「Huobi.pro」をはじめ、シンガポール、香港、韓国、日本等の地域において、仮想通貨事業を展開しております。

日本にも拠点を起き、グローバル展開を強化しております。

会社名 Huobi Technology Japan株式会社
URL https://www.huobi.pro/ja-jp/
本社所在地 東京都江戸川区東葛西6丁目7番13 302号
代表者名 康 石
上場 未上場
[box05 title=”紹介記事”]仮想通貨取引所Huobiの口座開設から入金まで紹介[/box05]

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事