Huobi

Huobiの新サービス「HB10」の特徴や将来性、購入方法についてわかりやすく解説!

今回はHoubiの新サービス「HB10」について紹介します。

本記事の読者の方はこんな疑問を持っているのではないでしょうか?

  • HB10ってどんな商品?
  • HB10って儲かりそうなの?
  • HB10はどうやって購入するの?

これらの3つがしっかり理解できるように紹介しますね。

HB10ってどんな商品なのか

HB10を簡単に説明するとHuobiが独自に選抜した仮想通貨10銘柄を一つにパッケージとして投資できるインデックス商品となります。

ETF(上場投資信託)と同様に、簡単に分散投資でき、値動きがわかりやすく、費用が安いという特色があります。

個別銘柄のチャートの動きを気にすることなく投資できるので、トレードが面倒な方やリスクを軽減した方にはオススメです。

HB10の10銘柄の中身は何?

HB10の構成銘柄は時期によって、変更されます。

しかし、構成銘柄と割合については常に公開されているので、透明性も高く、安心できます。

今回のスタート時のHB10の10銘柄は下記です。

通貨単位 通貨名
HT フオビトークン
BTC ビットコイン
EOS イオス
ETH イーサリアム
BCH ビットコインキャッシュ
XRP リップル
IOST アイオーエストークン
LTC ライトコイン
ETC イーサリアムクラシック
DASH ダッシュ

HB10の中でも特に割合が多いには、Huobiの独自トークンの「HT(フォビトークン」になります。

ここからHuobi自身が、HTを大事にしており、HT自体の価値向上に向けた施策をうってくることが考えられます。

HB10の特徴と将来性について

HT(フォビトークン)に左右される

HB10の特徴は先程も記載したように、「HT(フォビトークン)」の割合が非常に多いことです。

直近HTは高騰しており、HT自体の将来性も期待されている為、HB10の将来性も非常に高いと考えられます。

HB10を購入される際は、HTの動きを気にかけることは重要になってきそうです。

約1万円から購入可能

HB10は最低購入金額は100USDT(約1万円)から1000万USDTまで購入可能です。

手数料は100万USDT以上の購入であれば0%になっています。

不定期にAirDrop(エアドロップ)あり

正式な日程などは発表されていませんが、不定期にAirDropがあるそうです。

AirDropとは簡単にいうと、仮想通貨が無料でもらえるということです

AirDropの目的は、トークン(コイン)の知名度を上げる為です。

この他にも、Huobiが提供する有料会員限定の「VIP」権を30日間無料で使えたり、Huobiを利用するユーザーにとっては大きなメリットとなる特典が多く付いています。

HBの購入方法

まずはHuobiを登録し、ログインします。

まだ登録していない方、公式ページから登録をお願いします。

Huobiの登録方法Huobiの公式ページ

ログインが完了しましたら、下記画像のようにHB10を「すぐ交換」とありますので、クリックします。

  1. 交換する通貨を選択
  2. 購入数を入力
  3. 「交換」をクリック

以上で完了です。

まとめ

今回紹介したHB10について、要点をまとめてます。

  • HB10は10銘柄へ分散投資できるインデックス商品である
  • HT(フォビトークン)の割合が多く、HTに影響される可能性がある
  • HB10を購入するとAirDropなど特典が多くある
  • 購入は簡単で3分で可能

ぜひ、分散投資しリスクヘッジの方は購入してみてはいかがでしょうか?

uobiの登録方法Huobiの公式ページ

おすすめ記事