東証一部上場企業で働く広告マンの資産運用
アルトコイン

エターニティ(Aeternity)のリアルタイムチャートは?イーサリアムベースの高速で処理が軽い仮想通貨

Waltoncoin(ウォルトンコイン)RFID技術とブロックチェーン技術を融合させたIoTプラットフォームです。その特徴やメリット・デメリットを紹介します。

仮想通貨Aeternity(エターニティ)とは

Aeternity(エターニティ)は、Ethereum(イーサリアム)をベースとして処理速度をさらに上げたスマートコントラクト系の仮想通貨です。以前から、Bitcoin(ビットコイン)ではその取引スピードの遅さが指摘されており、世界で仮想通貨決済が普及するようになるには、取引スピードがクレジットカードと同程度まで改善される必要があると言われています。

そこで、世界中の技術者が、「決済のスピード問題を解決して世界中での決済に利用できる仮想通貨を開発しよう」と、さまざまな仮想通貨プロジェクトを進めていて、Aeternityもその中の一つです。

仮想通貨Aeternity(エターニティ)の基本情報・概要説明

Aeternity(エターニティ)の基本情報

仮想通貨名 Aeternity(エターニティ)
仮想通貨略号 AE
公開日 2017年
発行上限枚数 273,685,830 AE
公式サイト https://www.aeternity.com/ja
ホワイトペーパー https://aeternity.com/aeternity-blockchain-whitepaper.pdf
Twitter
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=F9cqkdx1Llo

Aeternity(エターニティ)の概要説明

Aeternity(エターニティ)はスケーラビリティは(トラストレス)Turing-complete状態チャネルを使用することによって達成されます。これは、Ethereum(イーサリアム)との大きな違いです。

このようにして、スマートコントラクトも分析しやすくなり、より安全になります。現実世界のデータへのインターフェースは、予測市場に基づいた革新的なオラクルデザインを介して行われます。

ステートチャネルは、すべてのトランザクションが独立して処理されるためスケーラビリティが向上し、並列処理が可能です。さらに、これは、契約が共有状態に書き込まれることはなく、テストと検証を大幅に簡素化することを意味します。

仮想通貨Aeternity(エターニティ)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


引用:https://jp.tradingview.com/

Aeternity(エターニティ)は、2016年12月29日に公開され2、017年5月29日からトークンセールが始まりました。ICOの時点ですでに37億も調達できている割に値段は今のところ期待しているよりは上がっていないようです。一方でイーサリアムやビットコイン今では時価総額ランキングトップですが伸び始めるまでに1年以上もかかっていいたためまだまだ様子見の段階といえるでしょう。

仮想通貨Aeternity(エターニティ)の特徴

ステートチャネル

ステートチャネルを利用することで、スマートコントラクトの取引量の拡大が可能となります。ステートチャネルでは、実行も決済もオフチェーンで行われます。処理がメインチェーンと並行して行われ、契約条件の不一致といったトラブルが生じた場合だけ、aeternityのメインのブロックチェーンが裁判所のような機能をはたし、その問題を処理します。

オフチェーンでのスマートコントラクトの実行が可能なので、ブロックチェーン上で情報を公開せず、ユーザーは互いにプライベートで情報をやり取りできることになります。

これは、企業にとってはありがたい仕組みで、自社の記録をオフチェーンで処理できるので、取引データが公開されずに済みます。従来のように、データが完全に公開されているブロックチェーンでは、取引のデータから動向を察知される可能性が常につきまとっていました。ですので、このように、取引をパブリックに記録しないことは、多くのビジネスアプリケーションにとってきわめて重要です。

分散型のオラクルシステムを採用

スマートコントラクトの履行においては、外部条件によって契約が影響を受ける可能性があるという問題があります。

例えば、契約履行のタイミングで、契約条件の中に原油価格といった外部要因が含まれていると、その情報をどのように取得・処理するのかが問題になってきます。

分散型のオラクルシステムを使うと、改変不能なパブリックデータが提供されるので、そのデータに従ってコントラクトを履行することができます。ほかの多くのブロックチェーンでは、分散化には適していない構造になっているのに対し、Aeternityのオラクルは分散化されています。

仮想通貨Aeternity(エターニティ)のメリットとデメリット

Aeternity(エターニティ)のメリット

メリット|スマートフォンでも簡単にマイニングができる

Aeternity(エターニティ)は軽量なプラットフォームの為、スマホでも簡単にマイニングをすることができます。昨今、スマートフォンの性能が高くなっている為、スマホでできるという点はこれからもより重要になっていくと思います。

Aeternity(エターニティ)のデメリット

デメリット|期待値ほど普及していない

Aeternity(エターニティ)はまだ伸び悩んでいる通貨で、軌道に乗ったとは言えません。これから少しでも大きな問題が起きれば、その立て直しは難しくなるかもせれません。

しかし、Bitcoin(ビットコイン)Ethereum(イーサリアム)がほとんどを占めている仮想通貨の市場でそんな簡単に短期間では普及は難しいです。長い目で見守っていきましょう。

仮想通貨Aeternity(エターニティ)の将来性

開発力のあるErlang Solutionsとパートナーシップを結びました。

Erlang Solutionsはプログラミング言語であるErlangとElixirのコンサルをする会社。このリリースにより、更にAeternity(エターニティ)は開発が進むと考えられます。

取引所|Aeternity(エターニティ)の購入方法

Aeternity(エターニティ)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|Aeternity(エターニティ)の保管方法

仮想通貨Aeternity(エターニティ)のまとめ

この記事の要約すると

  • Aeternity(エターニティ)はステートチャネルを利用
  • Aeternity(エターニティ)は分散型のオラクルシステムを採用
  • Aeternity(エターニティ)はErlang Solutionsとパートナーシップを締結

上記のように、Aeternity(エターニティ)は非常に期待が持てる仮想通貨です。

おすすめ記事