東証一部上場企業で働く広告マンの資産運用
アルトコイン

SingularDTV(シンギュラーDTV・SNGLS)のリアルタイムチャートは?著作権などの権利関係を明確化にするコンテンツ制作のプラットフォーム

SingularDTV(シンギュラーDTV)はコンテンツ制作、配信プラットフォームです。

その特徴やメリット・デメリットを紹介します。

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)とは

SingularDTV(シンギュラーDTV)は、イーサリアムベースの制作・配信プラットフォームです。Netflixのような動画配信サービスを分散的に実現したのみならず、スマートコントラクトを用いることで権利関係をより透明な形で管理します。

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)の基本情報・概要説明

SingularDTV(シンギュラーDTV)の基本情報

仮想通貨名 SingularDTV(シンギュラーDTV)
仮想通貨略号 SNGLS
公開日 2016年7月23日
発行上限枚数 1,000,000,000 SNGLS
公式サイト https://singulardtv.com/
ホワイトペーパー https://coss.io/documents/white-papers/singulardtv.pdf
Twitter https://twitter.com/SingularDTV
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=fEsQ2my3kK8

SingularDTV(シンギュラーDTV)の概要説明

SingularDTV(シンギュラーDTV)は2016年10月に行われたICOは約17分で終了し、実に約750万ドルもの資金調達に成功するなど、注目されているプロジェクトです。

SingularDTV(シンギュラーDTV)​はコンテンツ制作、配信プラットフォームです。エンタメ業界にブロックチェーンとスマートコントラクトを導入し、消費者とコンテンツクリエイターがP2Pでつながることで権利の所存をはっきりさせ、製作者がコンテンツに対する対価を正当化するプロジェクトです。

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


引用:https://jp.tradingview.com/

2016年10月3日に1SNGLS=$0.0195で取引が開始されました。2018年1月8日には最高値を更新し、1SNGLS=$0.43を記録しました。

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)の特徴

権利管理プラットフォーム

従来のエンターテイメント業界では「制作者サイド(権利者)」と「視聴者」の間に複数の仲介者が存在し、権利関係のプロセスが非常に不透明でした。特に映画やテレビ作品に関する権利関係は非常に複雑であり、制作者や出資者などを含め実に数百人から数千人もの人々が関わっています。

SingularDTVではスマートコントラクトを活用し、権利管理プラットフォームを構築します。従来は第三者を通じて収益配分や権利管理を行っていましたが、スマートコントラクトを用いることで、公平な収益配分に対する透明性を担保しつつ、第三者を介すことなく自動的に権利管理がなされます

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)のメリットとデメリット

SingularDTV(シンギュラーDTV)のメリット

メリット|権利関係を明確化

1本のテレビ番組を製作する際に、出入りする数多くの企業による支援を受けて、番組自体は製作されます。テレビ局が直接製作に入る場合だけでなく、外部の番組制作会社の手を借りることもあるでしょう。

トークン売買時には、契約内容まで記録されるイーサリアムベースのブロックチェーンが重要となるわけです。

少額課金システムの導入

大手映像配信サービスでは、1ドルといった少額課金であってもビデオコンテンツ1本購入時に設定された映像の価格に合わせて課金されます。少額課金システムとの相性は、SingularDTVのトークンを活用することで良いわけです。

公式サイトでも解説されていますが、動画配信サービスを目指しているだけあり、多くの解説が動画により行われています。

SingularDTV(シンギュラーDTV)のデメリット

デメリット|資産運用として仮想通貨ではない

SingularDTV(シンギュラーDTV)は他の仮想通貨違い、投機目的では作られていなく、エンタメ業界の健全化の為の仮想通貨となります。

つまり、運用目的として購入するとなかなか上昇しない可能性はあります。

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)の将来性

エンタメ業界とブロックチェーンという分野は非常に期待ができます。

今開発予定のアプリが11個もあり今後もっとサービスが充実していくというのは良いですが、SingularDTV​自体が発展していくかどうかは、コンテンツの人気による部分が大きいです。しかもコンテンツがコピーされブロックチェーンと切り離され、別のプラットフォームで販売される可能性もあります。

つまり、今後はいかにSingularDTV​が他のサービスとの差異を作れるか、そしてコンテンツが充実するか、がポイントになってきます。

取引所|仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)の購入方法

SingularDTV(シンギュラーDTV)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|SingularDTV(シンギュラーDTV)の保管方法

公式ウォレット

配当をもらうためにはこちら公式ウォレットにSBGLSを入れておく必要があります。

公式ページ

仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV)のまとめ

この記事の要約すると

  • SingularDTV(シンギュラーDTV)はコンテンツ制作、配信プラットフォーム
  • SingularDTV(シンギュラーDTV)は著作権などの権利関係を明確化
  • SingularDTV(シンギュラーDTV)は少額課金システムの導入

上記のように、SingularDTV(シンギュラーDTV)は非常に期待が持てる仮想通貨です。

 

おすすめ記事