東証一部上場企業で働く広告マンの資産運用
アルトコイン

スチーム(Steem)のリアルタイムチャートは?ブロックチェーンを活用したSNSプラットフォーム

ブロックチェーンを活用したSNSプラットフォーム「Steem(スチーム)」を紹介します。

仮想通貨Steem(スチーム)とは

Steem(スチーム)は、ユーザーが報酬をもらえる初のSNSのプラットフォームです。

Steem(スチーム)には優良コンテンツを集める目的があり、「Steemit.com」のサイトで独自の仮想通貨が使われています。

仮想通貨Steem(スチーム)の基本情報・概要説明

Steem(スチーム)の基本情報

仮想通貨名 Steem(スチーム)
仮想通貨略号 STEEM
公開日 2016年4月
発行上限枚数 1,000,000,000 STEEM
公式サイト https://steem.io/
ホワイトペーパー https://steem.io/SteemWhitePaper.pdf
Twitter https://twitter.com/raiblocks
YouTube

Steem(スチーム)の概要説明

Steem(スチーム)は2016年4月に公開されました。

取引承認システムは、PoWを採用しています。

Steem(スチーム)は、ソーシャルメディアのコンセプトと、暗号通貨の特徴を組み合わせたものです。その最大の特徴は、ブロックチェーンを活用したSNS(ソーシャルメディア)のプラットフォームであることです。

SteemitとよばれるSNS上では、FacebookやTwitterと同じようにコンテンツの投稿やコメントといったリアクションを取ることができます。その行動に対する報酬として仮想通貨のSTEEMがもらえます。

仮想通貨Steem(スチーム)の価格推移と最新チャート

引用:https://coinmarketcap.com/

  • JPY:日本円の価格
  • RANK:時価総額ランキング
  • MARKET CAP:時価総額
  • VOLUME (24H):24時間の売買高


今年の5月18日に初の205円をつけて以来、6月下旬まで200円を上下し、11月21日までは100円台後半を低空飛行していました。ところが、翌22日に186円をつけて以来、徐々に上昇しはじめ、12月6日の366円から一気に高騰。12月7日には1,168円、そして1,492円という高値に昇りつめています。

仮想通貨Steem(スチーム)の特徴

Steemitの3種類の仮想通貨

STEEM

STEEMは、Steemブロックチェーンの基本的な単位で、Steemit内でベースとなる仮想通貨です。年間100%ずつ発行量が増えていきます。STEEMは他の仮想通貨と同様、一般的な取引所で売買できます。

Steem Power(SP)

Steem Power(SP)は、Steemitを利用するために必要な仮想通貨です。このSPの保有量に応じて投票量が割り当てられます。SPを保有することで利子が受け取れます。Steemit利用による報酬の50%はSPによって支払われます。

Steem Dollar(SMD)

価格が常に1SMD=1米ドルとなるように調整されている仮想通貨です。Steemit利用による報酬の50%はSPとして、残りの50%はこのSMDとして支払われます。SPと同じように保有するだけでも利子がもらえます。

仮想通貨Steem(スチーム)のメリットとデメリット

Steem(スチーム)のメリット

メリット|コンテンツを作成すると報酬を獲得

Steem(スチーム)では、作ったデジタルコンテンツをSteem(スチーム)し、他のユーザーから評価が得られるとトークンを獲得することができます。

そのトークンはイーサリアムビットコインに簡単に交換することが可能です。その結果、ビジネスのマネタイズやコミュニティーの発展を促進させることが可能です。

メリット|コンテンツに投票したユーザーにも報酬が発生

特徴で紹介したSteem Powerを利用して、コンテンツを製作した人に投票を通じて報酬を与えることができます。この仕組みがSteemitの根幹を支えているので、投票者が価値の高いコンテンツをしっかりと評価することが非常に重要です。

Steem(スチーム)のデメリット

デメリット|ALISとの差別化

Steem(スチーム)とほぼ同じ仕組みでの日本でICOを成功させたALISとの差別化が今後注目されると思います。

仮想通貨Steem(スチーム)の将来性

今後個人のブランド化が進み、インフルエンサーの時代になってきます。その時に必要になるのが「SNSのプラットフォーム」です。

今後STEEMの所持数やSteem Powerの所持数がフォロワーの代替になる時代が来るかもしれません。

取引所|仮想通貨Steem(スチーム)の購入方法

Steem(スチーム)は中国の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入することができます。

BINANCEの登録方法

バイナンス(BINANCE)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

Binance 登録方法Binance 公式ページ

ウォレット|Steem(スチーム)の保管方法

Steem Wallet

Steem公式のウォレットです。

こちらウォレットの中でSteemのパワーアップやパワーダウン、SMDをSteemに交換することができます。

仮想通貨Steem(スチーム)のまとめ

この記事の要約すると

  • Steem(スチーム)は次世代のSNSになる可能性がある
  • Steem(スチーム)はコンテンツを作るだけではなく投票でも報酬がもらえる
  • Steem(スチーム)はブロックチェーンを活用したSNSプラットフォーム

上記のように、非常に期待が持てる仮想通貨です。

今後のSteem(スチーム)に期待しましょう。

おすすめ記事