アルトコイン

【初心者向け】仮想通貨Centra(セントラ)|幅広い暗号通貨をサポート、特徴・競合優位性

幅広い暗号通貨をサポートしているCentra(セントラ)を纏めてみました。

Centraの基本情報

セントラ/円(CTR/JPY)リアルタイムレート

▼表の見方をチェック

  • JPY :日本円の価格
  • RANK  :時価総額ランキング
  • MARKET CAP :時価総額
  • VOLUME (24H)  :24時間の売買高

Centra(セントラ)概要

仮想通貨名 Centra(セントラ)
仮想通貨略号 CTR
公開日 2017年7月23日
発行上限枚数 98,272,765 CTR
公式サイト Centraの公式サイト
ホワイトペーパー Centraのホワイトペーパー

Centra(セントラ)を簡単に説明

セントラ(Centra)は、さまざまなブロックチェーンにわたる幅広い暗号通貨をサポートしています。
現在サポートされている資産は、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、ERC20トークン、リップル(Ripple)、ゼットキャッシュ(Zcash)およびダッシュ(Dash)です。
今後はより多くの資産のサポートを間もなく実施します。
また、セントラカードは、商取引と暗号通貨の間のブリッジを接続するように設計されています。
セントラウォレットおよびセントラカードを使用すると、ブロックチェーン資産をリアルタイムで使用することができます。

Centraの特徴・競合優位性

強力な競合が多い

仮想通貨デビットカードの分野には、TenX、バンドルカード、TokenCardといった競合が沢山います。特に同じくイーサリアムベースのTenXは同じ知名度が高く、ユーザー数や市場規模もCentraよりかなり大きいです。
そういった競合をさしおいて、仮想通貨デビットカードのメジャーになるのは少し難しいかもしれません。

需要がかなり大きい

仮想通貨で決済を可能にするデビットカードのニーズはとても大きいと思われます。
これまで、ビットコインをはじめとする仮想通貨はトランザクションの承認にかかる時間の問題などから、決済手段として不十分だと考える人が少なくありませんでした。しかし、Centraをはじめとする仮想通貨デビットカードの登場によって決済通貨としても十分通用するようになりました
今後仮想通貨のメジャーな決済手段になる可能性が高く、将来性が非常に高いサービスだといえるでしょう。
Centraが他の仮想通貨デビットカードに対しどれだけ差別化できるかというのが今後の課題になりそうです。

Centraの価格推移・チャート


Centraの最新情報をソーシャルでチェック

Centra(セントラ)の公式ツイッターで最新情報をチェック

Centraの購入方法

BINANCE(バイナンス)がオススメ

バイナンス(Binance)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

詳細ページ公式ページ

おすすめ記事