アルトコイン

【初心者向け】仮想通貨aelf(エルフ)|分散型ブロックチェーンネットワーク、特徴・競合優位性

分散型ブロックチェーンネットワークのaelf(エルフ)について、纏めてみました。

aelfの基本情報

エルフ/円(ELF/JPY)リアルタイムレート

▼表の見方をチェック

  • JPY :日本円の価格
  • RANK  :時価総額ランキング
  • MARKET CAP :時価総額
  • VOLUME (24H)  :24時間の売買高

aelf(エルフ)概要

仮想通貨名 aelf(エルフ)
仮想通貨略号 ELF
公開日 2017年12月22日
発行上限枚数 260,000,000 ELF
公式サイト aelfの公式サイト
ホワイトペーパー aelfのホワイトペーパー

aelf(エルフ)を簡単に説明

エルフ(aelf)は分散型クラウドコンピューティングブロックチェーンネットワークです。

エルフは独自の考えを持っています。(※参照:aelf)

私たちの見解では、1つのブロックチェーンがこれらの要件をすべて満たすには不十分である場合があります。

エルフは、Linuxに似たオペレーティングシステムとして機能するブロックチェーンシステムを構築します。

パフォーマンスを最適化するために、エルフはクラスタ上でノードを実行します。

これは、トランザクションのミューテックスに基づいて、異なるグループに割り当てられたトランザクションを許可します。

グループ内のトランザクションは線形シーケンスで処理され、すべてのグループは同時に処理されます。

メインチェーンは、高いTPSとブロック形成の予測可能性を保証するためにDPoSコンセンサスプロトコルを採用する予定です。

割り当てられたノードグループは、ノードの処理効率およびその収益性に基づいて、トークン所有者によって選択されます。

リソース分離の観点から、エルフはメインチェーン+サイドチェーンアーキテクチャを採用しています。

つまり、各ビジネスシナリオには要件を満たす専用のサイドチェーンがあります。彼らは一緒に中央ビジネス地区を形成します。

ここでは、1つのユースケース用に1つのチェーンが設計され、複数のチェーンで異なるタスクを配布します。

リソースを分離することにより、システム全体の処理効率が向上し、システムの輻輳が大幅に軽減されます。

さらに、商業革新に追いつくために、エルフは各チェーンの複雑さを軽減するために、実行可能な最小限のブロックとジェネシススマートコントラクトコレクション(Genesis Smart Contract Collection)の基本コンポーネントを定義するモジュール式アーキテクチャを導入しています。

商用ユーザは、APIを介してチェーンを設計することができます。

より良いエコシステムのために、エルフは、利害関係者がコンセンサスプロトコルを再定義することを含め、プロトコルの改正を承認することを可能にします。

また、サイドチェーンではステークホルダー投票に基づいてメインチェーンに動的に参加または辞退することができるため、各サイドチェーンを改善するための競争とインセンティブが導入されます。

この投票メカニズムにより、より良いガバナンスモデルが実現されます。

私たちのインフラストラクチャーは、より商業的なユーザーの参加を得て継続的に進化し、活気に満ちた商業的なブロックチェーンエコシステムを形成します。

エルフはオープンソースが誰にとっても良いと考えています。

あなたが開発者であれば、telegramやslackなどを通じて、私たちに連絡することを非常に歓迎します。

ブロックチェーンのエコシステムをより良くするために、私たちはエルフを真のブレークスルーにするために全力を尽くしています。

  1. Linuxに似たオペレーティングシステムとして機能するブロックチェーンシステムを構築。
  2. リソース分離の観点からメインチェーン+サイドチェーンアーキテクチャを採用。
  3. ステークホルダーの投票参加により、活気のある商業的なブロックチェーンエコシステムを形成する。

aelfの特徴・競合優位性

aelfは分散型ブロックチェーンネットワークを目指しています。

一言で説明すると、「誰でも簡単にブロックチェーンをサービスとして使えるようになる」ということです。

ロードマップには、ブロックチェーンのクラウド化の日付目標が記載されています。

ブロックチェーンのクラウド化を目標にしている他の仮想通貨は少ないため、特徴は簡易的にまとめます。

高性能

ノードがクラウドサーバー上でフルに実行

リソース隔離

各スマート契約が独自のブロックチェーン上で作動

ガバナンス&発展

トークンホルダーによる委託投票制度

ELF(aelf/エルフ)のアドバイザー

aelf.adviser

テッククランチ創設者兼CEOのマイケル・アーリントン氏など豪華な方々が名を連ねています。

(ちなみに、マイケル・アーリントン氏はXRPを対象とした110億円規模のヘッジファンドを設立しています。)

ELF(aelf/エルフ)の出資企業

aelf.found

aelfはICOを実施しなかったのも特徴の1つです。

理由は明かされていませんが、多くの企業から出資を受けていることは、将来の期待が持てます。

上記画像はaelfの出資元ですが、多数の大手中国企業がaelfに出資をしています。

ELF(aelf/エルフ)の内訳

aelf_data

 

右上から時計回りに説明していきます。

Marketing/AirDrop(12%)

コミュニティの活躍度を高めるために三年以内に使われる。

Sale(25%)

プライベート方式にて完売、ロックアップ期間なし。

Foundation(25%)

三年間ロックアップ。aelfエコシステムの構築、運営及びaelfに基づくプロジェクトの開発と運営のために使われる。

PoW+PoS(12%)

100年間持続、マイニングへ奨励は毎年リニアに逓減する。

Team(16%)

二年間ロックアップ。比率に合わせて半年ごとにトークンが解禁される。

Advisors+partnership(10%)

二年間ロックアップ。比率に合わせて半年ごとにトークンが解禁される。

aelfの価格推移・チャート


aelfの最新情報をソーシャルでチェック

aelf(エルフ)の公式ツイッターで最新情報をチェック

aelfの購入方法

BINANCE(バイナンス)がオススメ

バイナンス(Binance)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

詳細ページ公式ページ

おすすめ記事