アルトコイン

【初心者向け】仮想通貨Stellar(ステラ)|リップルを元に開発、特徴・競合優位性

リップルを元に開発されたStellar(ステラ)について纏めてみました。

Stellarの基本情報

ステラ/円(XLM/JPY)リアルタイムレート

 

▼表の見方をチェック

  • JPY :日本円の価格
  • RANK  :時価総額ランキング
  • MARKET CAP :時価総額
  • VOLUME (24H)  :24時間の売買高

XLM(ステラ)概要

仮想通貨名 Stellar(ステラ)
仮想通貨略号 XLM
公開日 2014年7月
発行上限枚数
公式サイト Stellarの公式サイト
ホワイトペーパー Stellarのホワイトペーパー

XLM(ステラ)を簡単に説明

「ステラ」は2014年に、MTGOX(マウントゴッグス)の創立者でもあり、リップルの開発者でもある「ジェド・マケーレブ氏」が中心になって開発されました。
リップルの開発者が作成したステラはリップルを基本的な仕組みとして作られており、通貨単位は「XML(ルーメン)」と言います
ステラはリップル同様、送金や決済を便利に素早く行うシステムとなっています。
つまりステラは、様々な法定通貨・仮想通貨に換金や送金ができる仮想通貨として作られました。
購入したステラをネットワーク上に管理し、それを用途に応じて「ドル」や「ユーロ」といった法定通貨、もしくは「ビットコイン」や「リップル」といったように換金できるのです。
また送金する際も間にステラを挟むだけで済みますので、送金コストや反映時間を大幅に削減することに成功しています。

Stellarの特徴・競合優位性

Ripple(リップル)を元に開発された

Stellar Lumensは、2014年7月に「Ripple(リップル)」を開発したJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏のプロジェクトから生まれた仮想通貨で、通貨単位は「XLM」です。
他の仮想通貨とは違ってStellar Lumensの場合、1,000億枚が最初に発行された後、毎年1%ずつ追加発行されるという仕組みになっています。

ステラは個人向けの換金・送金システム

まず大前提として、ステラは個人向けの決済・送金システムとして作られました。
元々リップルは企業や国が行う大きな金額のやり取りをスムーズに行うために作られました。一方のステラは個人が扱うような小さい額での決済・送金に特化しており、決済速度(ブロック承認速度)はリップルよりも速くなっています。
例えば海外のオンラインストアで買い物をする際や、海外の友人、金融機関への送金などを低コストで瞬時に行うことが出来るようになっています。

Stellar Lumensは海外送金や海外サイトの買い物にぴったり

Ripple(XRP)は元々、お金がスムーズに利用できることをメリットとして登場した仮想通貨です。
Stellar Lumens(XLM)もRipple(XRP)の特徴を受け継いでおり、他の通貨に換金する際に便利だと言われています。
できるだけコストをかけずに国境を越えた送金・決済を実現するとしています。
Stellar Lumensは、基本的に企業よりも個人を対象にして開発されているため、少額での取引スピードが優れているのです。
そのため、個人の海外送金や海外サイトでの買い物には、Stellar Lumensは実用性が高い仮想通貨と言えるでしょう。

価格の安定化

リップルは1000億XRPが最初の時点で発行されてますが、対してステラは1000億XLM事前発行にプラス年1%増加となってます。
発行料が決まっているとその分価格の変動がおきます。※少なければ高くなります。
ステラは発行数量を増やすことで、それの安定化を図っています。
また、Stellar(ステラ)のアカウント作成にはFecebook認証が必要です。

アカウント作成にはFecebook認証が必要な理由とは・・・
この狙いは、Facebookの利用が禁止されている中国からの利用で価格が高騰するのを防ぐためです。

Stellarの価格推移・チャート


Stellarの最新情報をソーシャルでチェック

XLM(ステラ)をYouTubeで解説

XLM(ステラ)の公式ツイッターで最新情報をチェック

Stellarの購入方法

BINANCE(バイナンス)がオススメ

バイナンス(Binance)の特徴

  • 手数料が0.1%と圧倒的に安い
  • ビットレックス(Bittrex)を超えて世界一の取引高
  • 中国の取引所だが、日本語翻訳がある
  • アプリも使いやすく、チャートも見やすい

詳細ページ公式ページ

おすすめ記事