Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)簡単な登録方法|XEMやイーサリアムの指値取引ができる取引所

2015年3月4日にオープンしたビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所のZaif(ザイフ)を紹介します。

Zaif(ザイフ)とは

珍しいトークンを購入できる

Zaif(ザイフ)では、仮想通貨5種類の他にトークンを9種類が取引できます。
トークンとは、ビットコイン(Bitcoin)のブロックチェーン上で発行した独自コインのことを言います。

上記画像内にある「FSCC(Fiscocoin)」というトークンは、
株式会社FISCO(フィスコ)が発行しているトークンです。
上場企業ですのでご存知の方も多くいると思います。

2、取引手数料マイナス0.01%

通常、売買取引をするには手数料というものが発生します。
しかしZaif(ザイフ)では、取引手数料が発生しないだけではなく、手数料が-0.01%なのです。

そして2017年10月以降、期間限定でmaker手数料がマイナス0.05%になっています。

それでは、手数料がマイナス0.01%とはどういうことかといいますと、
100万円分のビットコイン(Bitcoin)を買って・売る。

この一連の取引でそれぞれに0.01%が貰うことができます。
100万円で買って売ると200円です。
マイナス0.05%の際は、1,000円になります。

少ないと感じる方もいるとは思いますが、塵も積もれば山となりますので、
少額ではありますが決してバカにできる金額ではありませんね。

仮想通貨の積立ができる

仮想通貨の積立とは、銀行にある積立定期預金をイメージしていただくとわかりやすかと思います。
毎月一定金額の仮想通貨をコツコツ購入していく形です。
毎月27日に銀行から引き落としされ、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。

Zaif(ザイフ)の登録方法

Zaif(ザイフ)にアクセスしてアカウントを作成します。

まずはこちらから公式サイトをクリック。

Zaif 公式ページ

Zaifのトップページに移動します。「メールアドレス入力で簡単登録!」部分に自分のメールアドレスを入力して、「無料登録へ」をクリックします。

Zaifの登録画面~トップページ

下の画像が表示されます。先ほど入力したメールアドレスにメールが届きますので、確認しましょう。

Zaifの登録画面~メール受信完了

下の画像は、届いたメールの本文です。とてもシンプルです。リンクが設定してある部分をクリックします。

Zaifの登録手続き案内~メール

メールのリンクをクリックすると、ユーザー登録画面に移動します。利用規約と重要事項説明を読んで納得したら、パスワードを設定します(メールアドレスは既に入力されています)。

Zaif登録画面~パスワードの注意事項

なお、赤文字で「パスワードの強度は0%です。50%を超えるようにしてください」とあります。半角英数字だけでパスワードを設定すると、かなり長いパスワードを入れないと50%超になりません。

そして、50%を超えないと次に進めません。

そこで、「#」「$」といった文字を使って、パスワードを作りましょう。比較的短い桁数で50%を超えます。

50%を超えたら、下のように「パスワードの強度は××%です。強いパスワードです」が表示されます。次に、右下にある「同意して登録」をクリックします。

Zaif口座開設時のパスワードの作り方

すると、ログイン画面が出てきます。先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「私はロボットではありません」にチェックしてログインしましょう。

Zaif口座のログイン画面

これで、登録完了です。しかし、ここで終わるのはもったいないです。別記事「Zaifの特徴」で確認しました通り、本人確認したほうが取引において圧倒的に有利です。

本人確認の方法

本人確認したほうが有利な理由は、以下の3点です。

  • ビットコインを取引するたびに手数料を「もらえる」
  • 年率最大3.6%のログインボーナスをもらえる
  • 入出金に関する制限が大幅に緩くなる

そこで、本人確認も済ませましょう。ログイン後画面の右上に、「アカウント」と書かれた部分があります。これをクリックします。

Zaif口座のアカウントメニュー

そして、下の方にスクロールしていくと、下の画像部分が出てきます。1の「基本情報」から順に登録しましょう(「JPY出金口座」は後回しでもOKです)。

なお、2の「本人確認書類」をいきなり提出しようとしても、できません。下の画像が出てきます。「先にこちらから基本情報の登録をお願いします」と出てきますので、基本情報から登録しましょう。

基本情報の登録

下の画面は、基本情報登録画面です。氏名や住所等、一般的な内容です。最後に使用言語を選ぶ欄(日本語または英語)があります。仮想通貨の世界では国境がないことが分かる一面でしょう。

全て入力したら、右下にある「変更」をクリックしましょう。

Zaif口座の個人情報入力画面

電話番号認証

次に、「電話番号認証」をしましょう。下の画像の2部分です。

Zaif口座の電話番号認証入力画面

下の画像が出てきます。「基本情報」で電話番号を入力済みですから、すでに電話番号が入力された状態で出てきます。「送信」をクリックしましょう。

Zaifの電話番号認証コード発行画面

すると、スマホ(または携帯電話)あてにSMSで6桁の認証コードが届きます。下の画面の青部分「電話番号認証コード登録はこちら」をクリックします。

Zaifの認証コード

SMSに届いた6桁の認証コードを入力しましょう。そして、「登録」をクリックです。

Zaifの認証コード

これで、電話番号認証が終了です。

本人確認画像の提出

引き続き、本人確認画像を提出しましょう。「本人確認画像のアップロードはこちら」をクリックします。

「ファイルを選択」をクリックして、身分証明書(運転免許証など)を選択し、「アップロード」をクリックします。

Zaifに身分証明書を提出

2つ3つとアップロードする場合は、上の作業を繰り返します。下では例として2つアップロードしました。運転免許証の表と裏などの場合です。これで良ければ「アップロードしたファイルで申請する」をクリックします。

身分証明書のアップロード

これで本人確認が完了です。

本人確認完了画面

まとめ

結局のところ登録するだけなら無料でできます!

登録に時間がかかってしまうので今のうちに登録申請だけしてしましましょう!

いざ、使いたい!となったときに登録してなくて時間がかかってしまえば儲けるタイミングを失ってしまうかもしれません!

Zaif 公式ページ